ドラマーのための音楽用語辞典

周辺環境事情編

コピー

物理的複写のこと。
コピー機を動作させる際に、甲高い声で「うぅぅぅ、こぴぃぃぃ」と叫ぶ人物が稀に見られるが前世紀ダジャレの剛速球なのでくれぐれも避けられたい。

音楽の場合は「既存の音楽をなぞる」場合が多く、「なぞる」という範囲から逸脱して独自の解釈にて演奏する場合は「カヴァー」などと称する。

アマチュアの場合は一部で「あの曲、カヴァーしようぜ」などといって演奏した結果「ただのコピーでしかも下手である」ことが見受けられる。このような現象は言語の理解不足もさることながら、芸事の捉え方がそもそも間違っていることが原因である。

コピーが本家を超えられないのは当然であるのだがカヴァーの場合はもはや別物なので比較しようがない。したがって初めから独自解釈を加えてしまえば対人評価の失墜は免れる可能性が高くなる。

しかしそもそも当初から技術や経験がない場合はコピーもやっとである。

このように見てくるとコピーは「練習」と限定し、「表現」ではないという自覚が演奏者それぞれに強く求められるのである。

ただし日常の仕事などにおいて「君、これコピーしてくれ」ということで「よぉし」などと腕まくりをして「部長、カヴァーしました」といいつつ
重要書類に『おでん君の画像』などを配置したり、最終契約書を『あたしンちのクリアファイル』で保管するような暴挙により組織的ダメージを与える場合も報告されているので、このような余計な所作は厳禁とされる


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラム演奏編

コーラス ミュートnew

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ  タオル ズボン 靴下 飲み物 
バンドスコア エフェクター モニター  PA

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 
バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ  ブルース ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ
サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ  搬出搬入  楽屋 メイク クリック
コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪  十二指腸潰瘍 トラコーマ 
うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん  アメリカンクラッカー
第一種普通運転免許
 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る