ドラマーのための音楽用語辞典

音楽ジャンル編

歌謡曲

ロックミュージシャンが根拠なく攻撃する対象のひとつ。

なお他の攻撃対象に「サラリーマン」「ストリートミュージシャン」「石原良純」などが挙げられる。

その一方で実はバンドマンにもひそかに愛されていたりもする。耳からカミソリピアスをぶら下げたハードコアパンクバンドのベーシストが、家で聞くのは中森明菜なのは公然の秘密である。

戦前戦後を通じて、日本人にとってもっとも心に残る音楽。時代を映す鏡であったが、現在は環境省によって1996年、絶滅危惧種に指定されるに至った。

本来なら「歌謡曲」と呼ぶにやぶさかでない音楽までもが今の時代では「J-POP」などと言う小奇麗な呼称が認知され、歌謡曲=ナツメロであるかのような印象さえある。

ロックバンドなどではメンバーの誰かが作曲し、ヴォーカリストが歌詞を書くのが一般的である。最近ではプロデュースさえも自前で行う。(ドラマーは創作活動にタッチしない、否、出来ない場合が多い)

それに対して歌謡曲の場合、作曲だけで身を立てている人間が曲を書き、歌詞のみで食っている人間が歌詞を書き、アレンジだけで、ミキシングだけで、プロデュースだけで名を売ってきた人間たちが寄ってたかって1曲を無理矢理トップレベルの音楽にしてしまう。

これはある意味で本当のプロフェッショナルによる最高レベルの音楽である。その反面、肝心な歌に関してははなはだ不安である場合が極めて多い。その突然変異的現象をスタートさせたのは浅田美代子/風吹ジュン/の「伝説の東西両横綱」であろう。人によっては田原俊彦を加えて「異次元歌唱三羽ガラス」と称することがあり、さらに一部地域では、ここに松本伊予を入れて「シュールレアリズム派四天王」と呼ばれている。

歌手と呼ばれる人間が歌唱力でドリフターズに負けると言う、とんでもない現実が違和感なく浸透しているのは憂慮を禁じえない。

なお、普段ロックを演奏しているドラマーが何かの機会に歌謡曲のような音楽を演奏すると、その表現しがたい難しさ自分の居場所がないような不安感などにさいなまれ、悪くすると自律神経失調から鬱病を呼び込む状況が厚生労働省から報告されている。年間12万人とも言われる行方不明者の中で5%前後はここに原因を見る説が有力である。


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラム演奏編

コーラス ミュートnew

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ  タオル ズボン 靴下 飲み物 
バンドスコア エフェクター モニター  PA

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 
バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ  ブルース ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ
サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ  搬出搬入  楽屋 メイク クリック
コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪  十二指腸潰瘍 トラコーマ 
うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん  アメリカンクラッカー
第一種普通運転免許
 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る