ドラマーのための音楽用語辞典

音楽用語編

8ビート

規則としては「8分音符であればどこにでもアクセントが入る可能性のあるリズム」と言うことになる。

したがってそこには無限大の条件付けが可能になるのだ。

テンポが極端に早いまたは遅い。
・変拍子である。
スネアによるアクセントの位置が予測不能。

これらの条件をすべてクリアして、初めてドラマーは「8ビートならば行ける」と、こうなるわけであるが、これは物理上ありえないのだ。発言には気をつけたい。

4拍子であると仮定し、=120程度のわかりやすいテンポスネアのアクセントが3−7or 2−4の場合でやっと何とかなるというのがほとんどのドラマーの現実であると考えた方が良い。

なお、上記の「8」という文字を全て「16」にすると、そのままそれは16ビートとなる。ただし絶対に数学的には捉えない方がよろしい。

ジャズで言うところの4ビート、あれは大半がベースによるランニングが4分音符であることに起因し、その曲そのものを牛耳るビートが4分音符であるというだけのことであって、ドラミングは思い切り16ビートの作法が要求される。

HM方面でよく言うところの2ビートであるが、あれも同様に数学的見地に立つと実は8ビートなのである。しかしテンポの速さに起因して、聞く側及び演奏者のリズムを取る場所が2分音符の位置にあるがゆえの呼称方便に過ぎないのである。

言って見れば「お題目と現実が違う」と言うことになり、これはそのまま現代社会を行きぬく上での知恵とも言うべき所作であると結論付けても極論とはならないと思われる。

「美味しさで皆様の健康に奉仕する」会社の製品で食中毒、

「技術と信頼の」家電メーカーは不良品の収集をPRし、

「日記」と銘打ったblogが実は「音楽用語辞典」だったり

「自分の管理が悪い」ことが原因なのに歯科医への罵詈雑言、

「好きで飲んでる」酒を飲んで結果的に吐きまくり、

いずれも結果と原因が表裏一体となった悲喜劇である。

こうしてみてくると、8ビートとは日常生活の基本であり、人間の思考・行動の愚を喝破するがための音楽的基礎部分であると結論付けられる


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラム演奏編

コーラス ミュートnew

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ  タオル ズボン 靴下 飲み物 
バンドスコア エフェクター モニター  PA

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 
バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ  ブルース ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ
サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ  搬出搬入  楽屋 メイク クリック
コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪  十二指腸潰瘍 トラコーマ 
うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん  アメリカンクラッカー
第一種普通運転免許
 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る