ドラマーのための音楽用語辞典

音楽用語編

フィルイン

ミュージシャンの間で一般的には「おかず」と称される。ドラムがここ一番で目立つ場所にして、センスや技量が問われるようなドラムにおける装飾音符を指し示す。長さやパターンは無限であって4小節全てフィルインもありえるし、4分音符1拍分の場合もある。

その役割を大別すると概ね2大派閥の形成を見ることが出来る。

1、曲の流れを順調にするための言わば「えんやとっと」

2、場面の急転を予感させるための言わば「せーの」

それ以外にも「それってどして?」
「あ、そう言えば」
「静かにっ!・・・聞いてみろ」
「そして急いで口で吸え」
「あたし・・・実はあなたを・・・うふ」
「国民に問いたい」
「小さな前へならえ」
「全体ぃぃぃ止まれっざっざっ」等々、フィルインによって音楽に欠かせない状況描写や感情表現を補助するのである。

タムで色々なショットを使用する事と捉えられがちであるが、以下の演奏も使う場所によっては立派なフィルインである。

1、メンバー全員8分、ドラマーだけ1拍16分シンバル突っ込み。

2、ずっと全拍イーブンビートキープ、突如1拍だけ抜く。

すなわち「曲にアクセントを生じさせるドラムでの音楽表現」の一種がフィルインであると拡大解釈も出来よう。すなわち「抜く」フィルもありえる。
言語表現に置き換えると「接続詞」や「感嘆符」はもちろんのこと、「序文」とも言える様な場合さえある。(例:スターゲイザーのイントロPU)

このように見てくると日常生活においてフィルインを感じさせるようなアクセントを自ら演出することも可能になってくる。例を挙げる。

・Tシャツの中にランニングシャツ

・濃紺スーツにアタッシュケースでミッフィーちゃん手帳。

・白衣に聴診器で文金高島田

ギターケースから取り出す桃屋ごはんですよ

いずれにせよ音楽のみならず生活の潤滑油に欠かせないのがドラミングにおけるフィルインであると結論付けられよう。


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラム演奏編

コーラス ミュートnew

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ  タオル ズボン 靴下 飲み物 
バンドスコア エフェクター モニター  PA

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 
バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ  ブルース ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ
サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ  搬出搬入  楽屋 メイク クリック
コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪  十二指腸潰瘍 トラコーマ 
うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん  アメリカンクラッカー
第一種普通運転免許
 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る